別れたくないけど、彼氏に振られそう。今からでも間に合う挽回する方法。

「彼氏に振られそう」そんな風に別れを予感したことはありませんか? 振られそうな雰囲気を感じ取った瞬間から、焦りや不安が止まりませんよね。

今回は、振られそうなときに女性がどう対処すれば良いか、不安の対処法や別れを回避する方法について解説します。

彼氏に振られそうと感じる瞬間

「女の勘」は当たることが多いですよね。特に悪い予感については、その精度が高いと言われています。

女性は身近な人のちょっとした変化にも気づく力を持っているため、彼氏の嘘や変化に敏感です。しかし、その能力が故に不安が増し、彼との関係をこじらせてしまう原因にもなり得ます。

「もしかして振られるかも」と思った場合、その直感に従って行動を起こすことが重要です。

LINEの返信が遅い

彼氏からの連絡頻度が明らかに減ってきたと感じることはありませんか?メールの返信が遅くなり、電話をしても出てくれない、すぐに切ろうとするなどのサインが見られます。

最初は「仕事が忙しいのかな?」と思うかもしれませんが、これが一定期間以上続くなら、状況は厳しいかもしれません。

デートの誘いが減った

連絡頻度の減少に伴い、デートの回数も減ってきたと感じることはありませんか?

これは、多くの男性が「本当に彼女と別れるべきなのか」をじっくり考えるために距離を置くことが理由かもしれません。また、単純に会いたい気持ちが減り、仕事や友人の予定を優先することもあります。

そっけない

デート中、彼の態度がそっけなく感じるようになったら、それは厳しい状況に追い込まれているサインかもしれません。

男性は、女性を傷つけたくない、自分も悪者になりたくないと思っているため、直接別れを告げるのが難しいことがあります。そのため、そっけない態度で「察してほしい」「彼女から別れを切り出してほしい」とアプローチしてくることがあるのです。

ボディタッチをしてこない

ボディタッチをしてこなくなったり、あなたからのボディタッチを嫌がるようになったら、赤信号です。振られそうな可能性がかなり高いです。

これは、彼があなたに対して女性としての魅力を感じなくなったサインかもしれません。さらには、不快感を覚えている可能性もあります。真面目で誠実な彼氏ほど、他に好きな人ができた場合には、彼女に触れられることを避けるケースも考えられます。

浮気をされている気がする

「何だか浮気の匂いがする」と感じたら、それは事実である可能性が高いです。証拠はなくても、女性の直感は鋭いものです。勘違いであってほしいと願う気持ちはわかりますが、不都合な事実に対する女性の感は高い確率で当たるものです。

振られてしまいそうな状況から挽回する方法

自分から連絡する頻度を抑えてみる

振られそうだと感じたときは、まず自分からの連絡を控えるようにしましょう。不安になると余計に連絡して気持ちを取り戻そうとしたくなりますが、それは逆効果になることが多いです。

男性には、強く来られると引いてしまい、離れられると追いかけたくなる習性があります。前は毎日彼女から連絡があったのに、最近来ないのはなぜ…?いきなり彼女からの連絡がなくなると、どんなに気持ちが冷めた彼氏でも思わず気になってしまうものです。

彼氏が別れを考える理由を分析し改善する

彼氏に振られそうな原因について徹底的に分析しましょう。ここで都合の良い理由に流されないことが大切です。つらい現実を直視し、彼の気持ちを取り戻すために必要なステップを踏みましょう。

彼氏に振られそうな原因が分かったら、そこを改善することが何よりも大切です。幸い、あなたはまだ振られていません。まだ付き合っている状況であれば、変わったあなたを存分にアピールすることができます。

例えば、彼氏が束縛を嫌がっていたのであれば、どんなに気になっても彼の行動を制限することは避けましょう。たとえ彼氏の行動が信頼できないと感じたから束縛していたとしても、問題の解決にはならないのです。

感謝の気持ちをしっかりと伝える

ぜひ、いつも以上に彼氏に感謝の気持ちを伝えることを心がけてください。長く一緒にいることで、彼氏の存在や彼氏がしてくれることが当たり前になってはいませんか?どんな相手でも、してもらって当たり前ということはありません。

感謝の気持ちが欠けてしまっていたことが、彼氏の気持ちが冷める原因となってしまったかもしれません。そして、感謝の気持ちは、言葉にしないと伝わりにくいものです。

笑顔で接する

振られそうだと感じても、不安になったり慌てたりする気持ちは、とりあえず置いておきましょう。そういった態度は、あなたの魅力を低下させて、彼氏の気持ちをますます遠ざけてしまう可能性があります。

あなたがポジティブに笑顔で過ごしていれば、彼氏も思わずその引力に引っ張られてしまうはずです。つらいときほど笑顔で過ごすことで、状況は好転していきます。

彼氏に振られそうな時のNG行動

感情的になる

彼氏に振られそうなときに一番やってはいけないのは、感情的になったり泣いてすがったりすることです。男性は、女性のヒステリーを嫌う傾向があります。感情が爆発しそうになる気持ちは理解できますが、そこはぐっと我慢しましょう。感情的な女性は、男性には魅力的に映りにくいものです。

ネガティブ発言をする

なんとか彼氏の気を引こうと、ネガティブな発言をぶつけるのも厳禁です。同情してもらって気持ちを引き留めようとする方法は、だいたい上手くいきません。繰り返しになりますが、女性と男性では脳の作りも考え方も違います。

「かわいそう」と思ってもらおうとしても、彼氏からすると重たいだけです。それどころか、余計に気持ちが離れてしまうこともあるので逆効果です。

彼の言いなりになる

振られそうなことに不安を感じて、彼氏の言いなりになってしまうこともあるかもしれません。気持ちは理解できますが、言いなりになることはさらに彼氏からの関心を失わせ、逆効果です。

男性は、思い通りになる女性には魅力を感じません。彼氏にとって魅力的な女性でありたいのであれば、しっかりと自分の芯をキープすることが大切です。理不尽なことや納得できないことには、自分を押し殺して従う必要はありません。

彼氏に振られそうな時ほど早めに対処を。

彼氏に振られそうなサインと、その対処法をお伝えしました。彼氏の態度が以前と明らかに違うと感じたら、早めに対処することが大切です。時間が経つほど、お互いの気持ちがすれ違ってしまう可能性が高くなります。

あなたの真摯な努力が、彼氏との関係を再び良好にするための鍵です。お互いの気持ちを大切にし、信頼関係を築いていきましょう。彼氏と再び素敵な日々を過ごせることを心より願っています。